日本アデノウイルス研究会
日本アデノウイルス研究会について 演題募集要項 第19回日本アデノウイルス研究会開催のご案内 演題登録 プログラム 過去の研究会プログラム リンク

過去のアデノウイルス研究会のプログラム

【第9回】

 

 

世話人:内尾英一(福岡大学眼科)
藤本嗣人(国立感染症研究所)
日時:2008年10月26日(日)午後 6時〜8時00分
会場:岡山コンベンションセンター 3F 302会議室(学会D会場)

 

一般口演(午後6:30−7:00)

 

座長:大野重昭先生(北海道大学研究眼科学)

1. アデノウイルス結膜炎の免疫クロマトグラフィー法における偽陽性反応の検討
井上浩利(福岡大眼科),安里良盛(安里眼科),松井孝明(大島眼科病院),内尾英一(福岡大眼科)

2. (6:45) 高速PCR (Hyper-PCR)によるアデノウイルスの高感度・高速検出および種別
藤本嗣人、小長谷昌未、谷口清州、浜本いつき、岡部信彦(国立感染研 情報センター)
近平雅嗣(兵庫県立健康環境科学研究セ)

 

特別シンポジウム(午後7:00−8:00)

 

「新型アデノウイルス53型について」
座長:青木功喜先生(北海道大大学院眼科学)

1. (7:00-7:20)「新型アデノウイルス53型による結膜炎の臨床像と疫学」
金子久俊先生(福島県立医大微生物学)

2. (7:20-7:40)「流行性角結膜炎を引き起こした新しい血清型のアデノウイルス53型について」
石古博昭先生(三菱化学メディエンス)

 



 
トップへ