日本アデノウイルス研究会
日本アデノウイルス研究会について 演題募集要項 第19回日本アデノウイルス研究会開催のご案内 演題登録 プログラム 過去の研究会プログラム リンク

過去のアデノウイルス研究会のプログラム

【第15回】  

2014年11月8日(土)14時〜18時
担当世話人:藤本嗣人(国立感染症研究所)
品川インターシティ貸会議室 会議室1+2 (東京都港区港南2-15-4)

【プログラム】 

メインテーマ 「アデノウイルスのインパクト」

開会挨拶 (藤本嗣人) 
(*各口演時間は最後に質疑応答時間5分を含む)

   
  テーマ1. アデノウイルスの疫学的理解のために
司会:藤本嗣人(感染研)14:10〜15:50 

1.小柳 香奈子(北海道大学大学院情報科学研究科 生命人間情報科学専攻 (20分)
バイオインフォマティクス講座 ゲノム情報科学研究室)
アデノウイルスのゲノム進化を可能にする組み替えと置換の特徴
2.福田 清香(河北総合病院小児科)(10分)
アデノウイルス感染を契機に川崎病を発症した一卵性双生児症例
3.辰己 智香 (島根県保健環境科学研究所ウイルス科) (20分)
本邦で初めて分離されたヒトアデノウイルス57型(HAdV57)の一例
4.藤本 嗣人(国立感染症研究所 感染症疫学センター) (20分)
エイズ関連アデノウイルスの流行:48型など日本上陸
5.松井 清彦(高知学園大学 医療検査専攻) (20分)
演題: 新型アデノウイルスの血清疫学

 

テーマ2. アデノウイルス感染制御に向けて
司会:内尾英一(福岡大学) 16:00〜17:55

6.泉山 信司(国立感染症研究所 寄生動物部 第一室) (20分)
浴槽水、水泳プールにおけるモノクロラミン消毒の可能性
7.高橋 健一郎(東京女子医科大学東医療センター 小児科) (20分)
アデノウイルス検査の呼吸器感染症におけるインパクト:A群溶連菌とアデノウイルス
8. 池亀 和博 (兵庫医科大学 血液内科) (20分)
造血幹細胞移植におけるアデノウイルス感染症
9.内尾 英一(福岡大学医学部 眼科学教室)  (20分)
抗アデノウイルス薬の進歩と課題
10.青木 功喜(アデノウイルス国際分類委員) 
アデノウイルス研究の課題 (15分)
11.総合討論 (20分)
閉会挨拶 (内尾英一)   18:00 終了

 


共催:日本アデノウイルス研究会、参天製薬株式会社
URL: http://www.adeno.org/

 



 
トップへ