日本アデノウイルス研究会
日本アデノウイルス研究会について 演題募集要項 第18回日本アデノウイルス研究会開催のご案内 演題登録 プログラム 過去の研究会プログラム リンク

過去のアデノウイルス研究会のプログラム

【第10回】

 

 

世話人:藤本嗣人(国立感染症研究所)
日時:10月25日(日)午後 6時15分〜8時40分
会場:都市センターホテル日本ウイルス学会E会場
(日本ウイルス学会会場内)

 

一般口演(午後6:30−7:20)

 

座長:内尾英一(福岡大学眼科)

1. 6:30
改良した超高速PCRシステム(Hyper-PCR)によるアデノウイルス高速・高感度同定
小長谷昌未,藤本嗣人,谷口清州(国立感染症研究所感染症情報センター),榎本美貴(兵庫県立健康生活科学研究所),岡部信彦(国立感染症研究所感染症情報センター)

2. 6:40
アデノウイルスに対するh-CAP18の抗ウイルス作用
淵上あき,井上浩利(福岡大学眼科),門之園一明(横浜市大医療センター眼科),青木功喜,大野重昭(北海道大学視覚器病学分野),内尾英一(福岡大学眼科)

3. 6:50
耳鼻科を受診した母子の上咽頭からアデノウイルス1型,5型重複感染が検出された症例について
藤本嗣人(国立感染症研究所感染症情報センター),小長谷昌未(国立感染症研究所感染症情報センター),山口展正(山口内科耳鼻咽喉科医院)

4. 7:00
耳鼻咽喉科的見地からの上咽頭のアデノウイルス所見 preliminary study
山口展正(山口内科耳鼻咽喉科医院),藤本嗣人,小長谷昌未(国立感染症研究所感染症情報センター)

5. 7:10
日本の流行性角結膜炎患者から分離された中間型ヒトアデノウイルス株の全塩基配列解析
金子久俊 (福島県立医科大学微生物学講座),青木功喜,大野重昭(北海道大学視覚器病学分野),藤本嗣人(国立感染症研究所感染症情報センター),石古博昭(三菱化学メディエンス),錫谷達夫(福島県立医科大学微生物学講座)

 

教育講演(午後7:20−7:35)

 

座長:金子久俊(福島県立医科大学微生物学)
アデノウイルス感染症サーベイランス
藤本嗣人,山下和予(国立感染症研究所 感染症情報センター)

 

パネルディスカッション(午後7:35−8:30)

 

「近年日本で流行している新型アデノウイルスについて」
座長: 藤本嗣人(国立感染症研究所)

1. 「院内感染を起こした新しいヒトアデノウイルス(HADV)53型と54型の発見」
青木功喜(北海道大学大学院医学研究科眼科学教室)

2. 「ゲノム比較解析によるアデノウイルスの多様化過程の解明」
Gonzalez Gabriel,小柳香奈子,渡邉日出海(北海道大学大学院情報科学研究科ゲノム情報科学研究室)

 



 
トップへ