日本アデノウイルス研究会
日本アデノウイルス研究会について 演題募集要項 第18回日本アデノウイルス研究会開催のご案内 演題登録 プログラム 過去の研究会プログラム リンク

過去のアデノウイルス研究会のプログラム

【第7回】

 

 

世話人:藤本 嗣人(兵庫県立健康環境科学研究センター)
日時: 2006年11月19日(日)
会場: 名古屋国際会議場231号室

 

シンポジウム1.アデノウイルスの疫学 (19:00-20:00)

 

1. 日本、中国およびタイで検出されたアデノウイルス41型のGenome Type
清水英明,(川崎市衛生研究所),Phan Gia Tung,顔海念,Pattara Khamrin,沖津祥子,牛島廣治(東京大学大学院医学系研究科発達医科学教室)

2.沖縄における流行性角結膜炎の長期時系列分析
井上浩利(福岡大学眼科),門之園一明(横浜市大医療センター眼科),賀数保明,平良健康(沖縄県衛生環境研究所),内尾英一(福岡大学眼科)

3.眼科医療従事者におけるアデノウイルス中和抗体保有率の検討
大口剛司,青木功喜,田川義継,大野重昭(北海道大眼科),石古博昭(三菱化学ビーシーエル)

4.呼吸器系アデノウイルス感染症における便中アデノウイルスの検出頻度
加瀬哲男,森川佐依子,山崎謙治,左近直美,宮川広実(大阪府立公衆衛生研究所)

 

シンポジウム2.アデノウイルスの分離と新知見

 

5. 髄液からのウイルス分離で証明されたアデノウイルス6型無菌性髄膜炎
渡邉香奈子,広川智香,田村 務,昆 美也子,西川 眞(新潟県保健環境科学研究所),藤本嗣人(兵庫県立健康環境科学センター),西尾 治(国立感染症研究所)

6.ヒト由来培養細胞系で多発するクロスコンタミネーションの検出
小原有弘(医薬基盤研究所、生物資源研究部),小澤 裕,大谷 梓,塩田節子,増井 徹, 水澤 博(JCRB細胞バンク)

7.コクサッキーウイルスB群とアデノウイルス重複感染が確認された扁桃炎患者の咽頭検体中のウイルス分離および定量
藤本嗣人,近平雅嗣(兵庫県立健康環境科学研究センター),岡藤輝夫,岡藤隆夫(岡藤小児科医院),篠原美千代(埼玉県衛生研究所),伊藤正寛(神戸市環境保健研究所),牛島廣治(東京大学大学院),西尾治(国立感染症研究所)

8. The 8th International Adenovirus Meeting 2006 の報告
三谷幸之介(埼玉医科大学ゲノム医学研究センター)

 



 
トップへ